自転車は生活の中で正しく使いましょう

生活する時に、非常時の備えも必要になります 通学や通勤、それにちょっとした買い物など、自転車は生活の中でも大変便利な存在です。ただし現在は道路交通法が改訂されましたので、これまで通りの自転車の使い方では、罰則の対象となるケースがあります。例えば一時停止の標識をきちんと守ることも重要になっています。これまでの生活では一時停止の標識は、自動車などに対する看板と認識していた場合でも、今ではしっかり守ることが求められています。また、ブレーキが壊れている自転車に乗ることも認められておりませんので、利きが悪い場合では速やかに修理するように致しましょう。

両耳を塞ぐヘッドフォンで音楽などを聞きながら運転したり、傘をさして片手だけで運転することも禁止されています。スマートフォンを使いながら走行することも危険行為になりますから、普段の生活でもそれらのことに注意して、正しく自転車を使いましょう。現在ではそれらの違反行為を繰り返した場合、自転車運転の安全講習を受ける義務が発生することもあります。講習を受ける際は実費が掛かるうえ、学校や仕事を休まなければいけない場合もあるため、特に注意しておきたい点になっています。一方、生活で自転車を良く利用される場合では、自転車保険に加入しておくことも安心につながりますからおすすめです。