生活に便利な自転車に関する留意点

生活する時に、非常時の備えも必要になります 自転車は免許も要らず、生活の中でも便利に利用できる乗り物です。ところが近年改正道路交通法が施行されたことで、幾つかのルールが変更になりました。これまでは自転車で歩道を走行していても大丈夫でしたが、現在は自転車も原則として車道を走行することになっています。その場合、車道の最も左側の路側帯が通行区分として指定されていますから、それよりも右側の車道は基本的に走行することができません。また、道路によりましては自動車の通行量も非常に多いですから、危険だと判断した場合は、自転車を降りて歩道を押して歩くように致しましょう。

一方、自動車やバイクを運転される方は、道路の路側帯を自転車が通行することになりますので、十分配慮して走行することが大切です。自転車は運転免許が不要ですから、自転車に乗っている方の中にはあまり交通法規をご存知ない方もおられます。突然の飛び出しや急な車線変更なども十分考えられますので、日々の生活の中で自動車やバイクを運転される際は、それらに留意することが肝心です。左折時には左後方から自転車が来ていないか確認することは勿論、夜間などは無灯火で走行している自転車がある点も留意することが重要です。